オプトス

サンピアザたけだ眼科では、超広角走査型レーザー検眼鏡 「オプトス・カリフォルニア」を導入しています。
オプトス

画角 200 度、眼底の 80%以上の領域を撮影できますので、従来の検査機器では観察困難な眼底周辺部の病変も見逃さずに捉えることができます。

現在、大学病院などの大規模は眼科でしか導入されていませんが、目の疾患の早期発見や経過観察に大変有用な機器です。


 従来の眼底カメラとオプトスの違い

1番大きなメリットは、以下のように1回で撮影できる眼底の範囲が圧倒的に広いことがあげられます。

オプトス


 オプトス誕生秘話

「失明のない世界」を目指して

Optos社は、スコットランド人のダグラス・アンダーソンにより、1992年に創設されました。創設のきっかけは、網膜剥離の発見が遅れたことによる息子の失明でした。

Optos株式会社は、創設者の思いを受け継ぎ、日本国内において「失明のない世界」の実現を目指すとともに、医療の世界に貢献したいという信念に基づいて、全国の医療機関へOptos製品(超広角走査型レーザー検眼鏡)をお届けしていきます。

Optos株式会社 取締役社長 川辺憲一氏 代表あいさつより