機器の紹介

トノレフ

屈折度や角膜曲率、眼圧、角膜厚など眼の状態を測定します。
トレノフ

視力検査装置

視力を調べる装置です。
1mの位置で視力を調べることができます。
視力検査装置

細隙灯顕微鏡

細隙灯顕微鏡

オプトス(OPTOS)

通常眼底撮影と蛍光眼底撮影検査が出来ます。
眼底の血管走行などから疾患を診断いたします。
オプトス

3D-OCT(三次元光干渉断層計)

網膜の精密な断層像を測定し、立体的に表現する事が出来ます。
3D-OCT(三次元光干渉断層計)

レーザー装置(アルゴン、YAG)

糖尿病網膜症、網膜裂孔に対するアルゴンレーザーと、後発白内障に対するNd-YAGレーザーを一体化した装置です。
レーザー装置(アルゴン、YAG)

ゴールドマン視野計

手動で視野を測定します。身体障害の等級の判定に必要です。
ゴールドマン視野計

レーザーフレアメーター

眼の炎症を定量化します。
レーザーフレアメーター

角膜形状測定装置

角膜の表面を撮影し、角膜表面の歪みや屈折力の分布、角膜の弯曲、乱視・不正乱視などを検査します。
角膜形状測定装置

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の裏面の細胞の写真を撮りその密度を計測します。
この細胞が減少すると角膜を透明に保つ事ができなくなるため、白内障の術前に検査し予備力があるか確認します。
スペキュラーマイクロスコープ

IOLマスター

眼内レンズのパワーを決定します。
IOLマスター

超音波白内障手術装置

アメリカAbbott社製の白内障超音波乳化吸引装置ホワイトスターシグネチャーを採用しております。高い安全性と角膜内皮への負担軽減を達成し、小切開で負担の少ない日帰り手術が可能となります。
超音波白内障手術装置

天井懸架式手術顕微鏡

天井懸架式手術顕微鏡

眼科用手術台

眼科用手術台

ハンフリー自動視野計

緑内障の診断と経過観察に使用します。
ハンフリー自動視野計

オートクレーブ

眼科手術器具、ダイヤモンドナイフなどを滅菌します。プラスチック・ゴム製品等も滅菌します。
オートクレーブ

高速オートクレーブ

高速オートクレーブは、約6分で滅菌することができる、滅菌システムです。
高速オートクレーブ

オゾン殺菌脱臭器

オゾンを放出し、室内の隅々まで充満させて浮遊菌をはじめ壁や天井、機器の裏側にある固着臭、付着菌まで強力に殺菌・脱臭します。
オゾン殺菌脱臭器