OCT検査

サンピアザたけだ眼科では、最新の眼底検査装置である光干渉断層計(以下OCT)を導入しています。
OCTを導入することで、網膜の断面の観察が出来るようになり、これまで以上に網膜疾患、黄斑部病変などの症状が、早期かつ正確に診断できるようになります。

光干渉断層計(OCT)


 より精密な検査が可能

OCTとは、主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。
これまでの眼底検査に使用されていた眼底カメラでは、行えなかった網膜の断面の撮影や網膜の厚さを正確に測定することができます。
眼底の断面の様子を見ることができるので、新生血管の有無はもちろん、その大きさや形、深さなども分かります。
また、新生血管と中心窩との位置関係を調べるのにも役立ちます。
それによって、緑内障や糖尿病網膜症といった失明につながる眼の病気の正しい診断や治療方針の決定が可能になりました。


 検査料金が安い&短時間

検査料金は、3割負担の方で600円、1割負担の方なら200円程度です。
OCT検査はアゴと額を固定し機械の中をのぞくだけのごく簡単な検査で、検査にかかる時間は、眼底カメラとほとんど変わらず、数秒以内で終了し、眼の負担も少なく検査を受けていただけます。


 多機能で早期発見・治療

OCTには、他にも多くの検査機能があり、今後、網膜や視神経の病気の早期発見・診断・治療にとても有用な情報が得られると期待されています。
眼の病気の中には、緑内障のように病状が進行するまで自覚症状が少ないものもあるため、発見が遅れる可能性があります。
一度減少した視神経は元に戻らないので、早期発見と早期治療による進行予防がとても大切です。