オルソケラトロジー

オルソケラトロジー(近視矯正)は、就寝時に装用し、起床時にはずして、日中を裸眼で過ごせることを可能にする特殊デザイン加工の高酸素透過性ハードコンタクトです。

※オルソケラトロジーをご希望の方は、事前にお電話をお願いします。


 こんな方にお薦めします

■メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放されたい

日常生活でのメガネ、コンタクトレンズ装用は、時として不便を感じるものです。メガネをかけることの煩わしさや、「眼にゴロゴロと異物感を感じる」「夕方になるとどうも眼が乾く」といったコンタクトレンズの不快感から開放されたい方にお薦めです。

■スポーツを快適に楽しみたい

スポーツ中にメガネは無理だし、ホコリで眼が痛くなる、眼が乾くなど、従来のコンタクトレンズにも不便はあります。「オルソ-K」はスポーツをストレスフリーで楽しみたい方、とくに動きの激しいスポーツや、水泳、サーフィンなどの水中スポーツを楽しむ方にお薦めです。

■レーシックなどの屈折矯正手術に抵抗がある

手術によって視力を改善する、レーシックなどの屈折矯正手術に対しては踏み切れない方も多いのではないでしょうか。
一度手術を行うと眼を元の状態に戻すことはできません。「オルソ-K」は手術ではありませんので、装用をストップすれば、一定期間の後、角膜は元の状態に戻ります。


 オルソケラトロジーとは

ギリシャ語で「オルソ」(Ortho)は矯正、「ケラト」(Kerato)は角膜、「ロジー」(logy)は学問を意味します。
オルソケラトロジーはアメリカにおいて2002年にFDA(米国食品医薬局)に承認された近視矯正法で、現在では世界各国で実施されています。
オルソケラトロジーで用いるレンズは、内側に特殊なデザインが施された、高酸素透過性のハードコンタクトレンズです。
就寝中に装用して角膜の形状を変化させ、近視を矯正します。
起床後にレンズをはずしても角膜の形状は維持されるので、日中裸眼のままでクリアな視界が得られます。
「寝る時につけて、起きたらはずす」
オルソケラトロジー用レンズ=「オルソ-K」は、日中裸眼のままで快適に過ごすための近視矯正法です。


 オルソ-Kとは

「オルソ-K」は、日本で初めて認可を取得したオルソケラトロジー用レンズです。
従来のコンタクトレンズとは異なり、就寝時に装用して角膜の形状を変化させる新しいタイプのハードコンタクトレンズですので、取り扱いには専門の技術と知識が求められます。
日本眼科学会が指定する「オルソケラトロジー講習会」を受講した眼科専門医のみが治療を行うことができます。当然、当院の院長も専門の講習を受講しております。


 オルソ-Kでなぜ矯正できるの?

■装用前:近視の状態

オルソケラトロジー1

人間の眼は入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させて、網膜上で焦点を合わせる事で像として捉えます。近視はこの焦点が網膜よりも手前で結ばれるために、像がぼやけている状態です。

■就寝装用中

オルソケラトロジー2

「オルソ-K」はレンズの内側(角膜に触れる部分)に、4種類のカーブが施されています。このカーブが「型」となり、角膜の前面をおさえてややフラットにします。入ってくる光の屈折が変わるため、焦点が網膜上に合うように補正されます。

■装用後

オルソケラトロジー3

「オルソ-K」をはずした後も、就寝中に矯正された角膜の経常は一定の間維持されます。この効果によって、日中裸眼のままでクリアな視力が得られるのです。


 オルソ-Kの近視矯正効果

日本国内で1年間にわたる臨床試験を実施し、「オルソ-K」はその効果と安全性が認められ、日本で初めてオルソケラトロジー用レンズとしての認可を取得しました。

【試験概要】
日本国内の2医療施設で52週間にわたって 実施。年齢20~37歳、近視および近視性乱視(近視度数-1.00~-4.00、乱視度数-1.00以下)の48人96眼を対象。
装用前に、平均0.3未満だった裸眼視力が装用開始翌日から改善し、1週間後には約1.0まで達し、その後はほぼ安定しました。

※上のデータは株式会社アルファコーポレーションの臨床試験に参加した48人96眼の平均値であり、効果の現れ方には個人差があります。全ての人に対する効果を保証するものではありません。


 装用までの流れ

・初回 検査前の説明~適応検査~治療の可否を判定 費用約3,000円です。

・2回目 テストレンズの装用~取扱指導~テストレンズの貸し出し(約2時間)

費用約5,000円(治療を開始される場合は、年額150,000円に含まれます)

・3回目 テストレンズの貸し出し後の検査~契約

・4回目 治療レンズのお渡し~装用開始

・5回目以降 定期検査

 


 治療にかかる費用

※学生割引あり

当院では年額制度で治療費を設定しております。(カード払い可)

尚、当院でのオルソケラトロジーレンズの年間治療プログラムは2年で終了となります。

3年目以降は、3~6ヶ月置きでの通常のコンタクトレンズ定期検査(保険適用可能)のみです。

初年度 150,000円(税抜・両眼)

※学生割引(初年度のみ)120,000円(税抜・両眼)

二年目 35,000円(税抜・両眼)

※料金には、両眼のレンズ貸出使用料、定期検査費用、ケア用品代、レンズの保証及びオルソケラトロジーに関する疾患の治療費を含みます。

※治療レンズの再作成が発生した場合、別途レンズ料金が必要となります。

※オルソケラトロジーレンズ治療は、角膜矯正治療です。医療費控除の申請が可能です。

※詳しい内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。