ときどき患者さんに白内障で視力が下がっていることを説明すると、「じゃあ白内障の眼鏡をかけなければだめですか」と言われることがあります。
白内障は、光が眼底に届く途中が濁っているので、いくら眼鏡で矯正しても白内障で見えなくなった分はよくなりません。
眼鏡をかけるとすれば、白内障以外の近視や遠視を矯正するものとなります。

PAGE TOP