新着情報

白内障手術に最新の「多焦点眼内レンズ」取扱開始しました。

白内障手術により、濁った水晶体の代わりに人口の眼内レンズを挿入しますので、それだけでも視界はかなり明るくなります。通常のレンズは「単焦点眼内レンズ」というもので、その方の生活スタイルにより遠方か近方どちらかにピントを合わせます。

近年は遠方、近方どちらにも焦点が合う「多焦点眼内レンズ」の人気が高まっておりますが、この度エーエムオー・ジャパン(株)より中間距離ででも見やすいレンズが新発売されました。さらに夜間の光の滲み、眩しさも抑制された為、当院ではいち早く採用し始めましたのでお知らせ致します。(この最新型レンズは、日経新聞でも紹介されました。)

「多焦点眼内レンズ」は保険診療外となりますが、広い明視域で遠・中・近での自然な見え方が実現します。詳細はご遠慮なく院長にご質問下さい。

 

PAGE TOP