慢性の緑内障は、視野がだんだん狭くなる病気で、その治療の目的は、眼圧を下げ視野狭窄の進行を抑えることにあります。
したがって手術=元通りに治ると考えるとすれば、そのような手術はありません。 目薬やレーザーなどいろいろな治療法があるなかの選択肢の一つとして手術があります。
手術の方が、眼圧加工の効果が大きいのですが、合併症もあるので慎重に適応を検討します。

PAGE TOP