通常眼底撮影と蛍光眼底撮影検査が出来ます。
眼底の血管走行などから疾患を診断いたします。

PAGE TOP